プロフィール

POPO

Author:POPO



このブログをお気に入りに追加☆

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ


にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


blogramで人気ブログを分析


にほんブログ村 デジタル一眼(Canon)
にほんブログ村 御朱印


★ハンドメイドのグッズを
WEBショップにて
  紹介しています。
「POPO's SHOP」



神奈川県で愛犬2ワンと
楽しく過ごしてます


★mimi★
H18.6.30日生まれ(♀)
現在3.4㎏です。

雑誌『いぬプラス』vol.3に
グラビアモデルとして
載せていただきました♪

★koto★
H19.11.1日生まれ(♀)
現在3.78㎏です

★POPO★
大阪出身
趣味:写真を撮ること
*カメラ*
EOS 5D Mark Ⅱ
EOS M3

★YUKI★
時々登場のパパです
*カメラ*
EOS 50D


*レンズ*
EF35mm F2
EF50mm F1.8 STM
EF40mm F2.8 STM
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF17-40mm F4L USM
EF70-200mm F4L IS USM
EF100mm F2.8L マクロ IS USM
50mm F1.4 EX DG HSM
AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC
自作の「宙玉レンズ」
EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM
EF-M22㎜ F2 STM
Lensbaby Velvet 56

Meyer-Optik Görlitz Trioplan 100mm F2.8
Meyer-Optik Görlitz Trioplan V 50mm F2.9
Meyer-Optik Görlitz Primagon 35mm F4.5
Meyer-Optik Görlitz Primotar E 50mm F3.5 V
Pentacon Auto Multi Coating 29mm/F2.8
INDUSTAR-61L/Z-MC 50mm/f2.8
Nikkor H.C 5cm F2

★マルチーズのmimi・kotoだよ(*^^*)
part1のブログはコチラ
part2のブログはコチラ



カテゴリ
いくつになったの
最新記事
最新コメント
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
ブログランキングならblogram にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
Instagram Instagram
無視される私・・・
薬の量がほんの少し減っただけでしたが
やっぱり
すぐに幻聴が増え始めました

レーザーで頭と胸を撃たれた
私の寿命は2~3年って話してる
ガンらしい・・

そんなことは無い
大丈夫!
たとえ打たれたとしても
すぐにガンになるわけないやん

・・と言ったところで
本人はもう永くないと思い込んでるので
気分が悪い
頭が痛い・・と言うのです

ちなみに
救急車で運ばれた日
脳のレントゲンや心電図
血液検査などを受けて全部異常なし

それを言うと
その日より後に打たれたと返され

じゃ入院して調べてもらおうかと言うと

すぐにガンとして出るわけじゃないから
レントゲンには写らないと言うのです

その言葉
さっき私がサラッと言ったこと・・・


幻聴が聞こえてて
おかしなことを言うのですが
私が言ったこともすぐ反響するんです

ものすごいまじめな
まじめを通り越して怖いくらいの顔で
本当に有りえるような感じで言ってくるんです

・・本人には幻聴が聞こえるから
「本当」「有りえる」なのでしょうけど・・


寿命が2~3年って言い出して
弟を呼んでと言われ

祝日でお休みだった弟は呼び出されたのです
(私と父も困り果ててたので呼び出しました)

うちの弟
大らかで心がとても広く
そしておもしろい

小さい頃から
あの子は優しいと母は良く言ってます

そういう先入観があるからか
弟には いろんな話をして
そして弟は全てを聞き
上手に「でもそれは違うんだよ」と話すのです
なぜか母も納得して
少し落ち着いて優しい顔になるのです

もちろん
母が一番よく話すのは父だと思いますが
父は弟のように
上手に「それは違う」というのができないと言います^^;

そしてそして
もっとアカンのが私

一番最初に「病気だと思うから病院へ行こう」とメールしたことがアカンかったのか
元々性格が一直線で余裕が無いタイプだと思ってるからか

とにかく

私にはあまり幻聴の内容を話をしません

幻聴のせいで怖い・不安と思い始めると
キュッと顔つきが変わるし
ソワソワし始めます

少しでも不安を解消させてあげたい
落ち着いてもらいたいと思うから

どうしたん?と普通に聞くのですが
無視
何が不安なん?と聞いても
チラッと私の顔を見るだけで無視

私に話そうかどうしようか
考えてるのが伝わります・・

そして
少し話し始めるのですが

とにかく隣のおうちに聞こえるからと
(お隣は全く関係ないのですが
 母の中ではお隣の家族が攻めてきてるのです)
超ヒソヒソ声なので聞こえないのです

ん?何て?
絶対に聞こえないから大丈夫
普通に話してくれて良いよ

と言うのですが
その時点で「もう良い」と言われます


筆談で話してくれたことに
弟と同じように対処をしても
私の話は全く聞き入れてもらえません
(最終的には「もういい」と言われます)

弟と何が違うのか・・
自分でもさっぱりわからず
母と話すこと自体がイヤになります

弟曰く
母の先入観だと言うけど・・

どう対処して良いのやら・・


どうしようもなくて
前回の診察から4日目
また先生のところへ行ってきました

母の言い分は
とにかく脱力感とか飲み込みがしにくいなど
薬を飲んだことに対しての
不快感を言うんです

幻聴に関しては
ちょこっとだけ

その後
私と先生が1対1で話しました

結果
お薬の量を元に戻そうと先生は言ったのですが
母が脱力感が出るのでイヤと言い張り

結局
次の診察までは
前回出してもらった「若干減ったお薬」のまま
様子を見ることに
そして
副作用止めの薬を新たに処方されたのでした

・・私としては「今のお薬」は不満ですが
本人が今のままでいい!と言ったので
とりあえず次の診察までは仕方が無い・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

でも先生と話したことで
私自身は少し気分がラクになりました

「気になることがあったら いつでも病院へおいで」
この言葉が一番ホッとしたかも



・・でも現実は甘くなく・・
「無視される私」は次回の記事にも続きます
スポンサーサイト


記録 | 【2013-02-15(Fri) 00:48:50】 | Trackback(-) | Comments(-)