プロフィール

POPO

Author:POPO



このブログをお気に入りに追加☆

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ


にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


blogramで人気ブログを分析


にほんブログ村 デジタル一眼(Canon)
にほんブログ村 御朱印


★ハンドメイドのグッズを
WEBショップにて
  紹介しています。
「POPO's SHOP」



神奈川県で愛犬2ワンと
楽しく過ごしてます


★mimi★
H18.6.30日生まれ(♀)
現在3.4㎏です。

雑誌『いぬプラス』vol.3に
グラビアモデルとして
載せていただきました♪

★koto★
H19.11.1日生まれ(♀)
現在3.78㎏です

★POPO★
大阪出身
趣味:写真を撮ること
*カメラ*
EOS 5D Mark Ⅱ
EOS M3

★YUKI★
時々登場のパパです
*カメラ*
EOS 50D


*レンズ*
EF35mm F2
EF50mm F1.8 STM
EF40mm F2.8 STM
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
EF24-105mm F4L IS USM
EF17-40mm F4L USM
EF70-200mm F4L IS USM
EF100mm F2.8L マクロ IS USM
50mm F1.4 EX DG HSM
AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC
自作の「宙玉レンズ」
EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM
EF-M22㎜ F2 STM
Lensbaby Velvet 56

Meyer-Optik Görlitz Trioplan 100mm F2.8
Meyer-Optik Görlitz Trioplan V 50mm F2.9
Meyer-Optik Görlitz Primagon 35mm F4.5
Meyer-Optik Görlitz Primotar E 50mm F3.5 V
Pentacon Auto Multi Coating 29mm/F2.8
INDUSTAR-61L/Z-MC 50mm/f2.8
Nikkor H.C 5cm F2

★マルチーズのmimi・kotoだよ(*^^*)
part1のブログはコチラ
part2のブログはコチラ



カテゴリ
いくつになったの
最新記事
最新コメント
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
ブログランキングならblogram にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
Instagram Instagram
伸び伸び伸び放~題☆
神奈川に帰ってきました

おうちのこと
mimi・kotoのことは
全部YUKIちゃんがやってくれてました


けど
トリミングだけ行けてなくて
(おうちでシャンプーはしてくれてました

koto

kotoたん
お顔をmimiに舐められたあとなので
余計にボサボサですが

スゴイ伸びてます

手足は元々太足・毛足長めのカットなので
伸び伸び伸び放題


mimi

mimiさん

kotoの顔を舐めたあと
のどが渇いたのか
お水をガブガブ飲んでました

癖毛のmimi
ほわほわ丸々ふくらんでます


トリミングさんに予約の電話を入れたのですが
2ぴき一緒に朝一番から・・
となると2週間先になってしまいました


とりあえず
足裏の伸びたところだけは
バリカンでカットしておきました



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

母の病気のことで
たくさんのメッセージをいただきました
本当にありがとうございました



スポンサーサイト
mimi・koto | 【2013-02-26(Tue) 15:19:56】 | Trackback(-) | Comments(-)
・・統合失調症・・
統合失調症
難しい病気ですね・・^^;
母は今
非定型抗精神病薬と睡眠薬
そして副作用止めのお薬を飲んでます
お薬が嫌いなので
本当は飲みたくないようですが
家族と先生に言われて
きちんと飲んでます(^^)


前回の記事の続きで・・

何が起こってるのか話してもくれなくて
急に部屋中にある鏡にタオルをかけはじめ
(小さな鏡は裏向けに)

「あんたも危ないから逃げて」と言われ

何が危ないの?と聞いても何も言わず

「あんたは怖くないの?」と聞かれ
何にも怖くないよと返事

何のために鏡を隠してるのか
何に不安を抱いてるのか
さっぱりわからず
何もしてあげられず
とりあえず落ち着くまでジーっと様子をみる私

でも実は
母のそんな様子に
どうしたら良いのかと
体中がブルブル震えてて

何にも無いから大丈夫
もう寝る時間が来たから
お薬を飲んで ゆっくり寝て

母がお薬を飲んで寝たことを確認して
私もやっと寝る・・・

こんな様子を次の記事に・・と思ってたけど
そんな小さなことを書く暇も無いくらい
いろんなことが
このあと起こったのです

ちなみに鏡にタオルをかけてたのは
後日話してくれたのですが
レーザーで撃たれる
鏡に反射するから
という理由でした


この次の日だったかなぁ
母が寝たのを確認してから
疲れて何もする気になれず
私もサッサと寝たのですが
3時間後の夜中2時半

「○○ちゃん(私のこと)!!早く着替えて逃げるよ!!」と
小さい声で言いながら私の寝てる部屋へ飛んできた母

どうしたの?と聞くと
「お隣がこれから火事を起こすって言ってるから早く外に逃げないと」
「早く着替えて下に来なさい」

ふぅぅ~
そうなったかぁ^^;

父も仕事へ出る前に起きてる様子で
とりあえず台所へ行ってみましたが
父は良いよ、気にせず寝ておいで(^^)と

とりあえず母にどうしたのかと聞いてみたら
「父が仕事に出た後 お隣が火事を起こすって言ってる」と言うのです

そんなことは無いよと言ってみたけど
真剣な顔で必死に訴える母
そして父が私に「もう良いから寝ておいで」と

自分の部屋へ戻ったけど
しばらくは物音で眠れず
きっと父が仕事に出た後また来るんだろうなぁと言う気持ちもあって
ウトウトした状態でお布団に包まってました

5時半ごろ
私の部屋の扉を開けながら
小さい声で「早く!逃げるよ!!」

やっぱり来た^^;

大丈夫やから私は行かないよ
って言ったら

「頑固やなぁ~
とにかく火事が起こったらベランダから飛び降りてでも逃げや」と言って
部屋を出て行ったのです

その後スーッと寝てしまったらしく
私が起きたのは朝8時でした^^;

1階に降りていくと
いつもの母の顔になってて

私が「何もなかったでしょう(^^)」と言うと
ホンマに何にも無かった
どうやら幻聴やったのかなぁと言いながら
貴重品をまとめたバッグを3つ
片付けてたのです

そんなんまで用意してたん?って言うと
逃げなアカンかったからとニッコリ笑ってました

母は当然
朝の2時過ぎから寝てないのです

お昼寝も何かが気になって眠れず・・
かなり寝不足のまま迎えた夜

暗くなってくると
いつも不安になって
不安が多すぎて気分が悪くなって・・と
かなりの悪循環なのですが
そこに寝不足も重なってるのです

夕方辺りから
体がしんどいと横になったり
お布団の上にちょんと座ったり
とにかく何かが不安で眠ると言うことができない状態

そのうち
気分が悪いから病院へ行くと言い出し
救急車を呼んでと言うのです

どこの病院へ行くのかと聞くと
「レーザーで頭を撃たれたからレントゲンで確かめて欲しい」と

しばらくすると
急に上着を着て玄関を出るので
どこへ行くのかとたずねると
「救急車が到着したから病院へ行く」と

もちろん呼んでも無いし
近くを救急車が通ったわけでもないのですが
そんなことを言って玄関を出るのです

まだ呼んでないから
とりあえず寒いしおうちに入ってて
と言うしかなく・・

お布団に横になったり座ったりを繰り返しながら
「まだ来ないの?いつまで待たせるの?」と
イライラした様子で言われ

そのうちまた
上着を着てどこかへ行こうとするから

どこへ行くの?と聞くと
お隣のおうちへ謝りに行く
お隣に(母の考えたことを)読み取る機械が無いか聞いてくると言うのです

そんなことしたら
お隣もビックリしはるよ
そういう行動はしたらダメですよって先生にも言われたやん
と言って
何とか家を出るのを阻止

しばらくすると
親戚のおじちゃんとおばちゃんの声がするわ(^^)
きっと様子をみに来てくれたんやわ
ちょっと見て来てと
これが夜9時半頃

もし来はったらピンポーン押してくれるから
待ってたら良いよ(^^)と言ったのですが

「こんな状況(寝たり起きたり)やからピンポン押そうか迷ってはるわ
早く行って来てあげて」と言うのです

それじゃぁ お母さんが確認しておいでよ~
絶対にいないから

とキリッと言ってみました

しんどいのに・・と言いながらも上着を着て出て行く母

しばらくすると
「やっぱりいなかった・・」と帰ってきました
すごく似てる声が聞こえたのよ
きっと近くまで来てたはずって言うので

おじちゃんに電話してみたら?と提案
すぐに携帯にかけて
「今どこにいるの?」と即質問

出張で静岡にいると言われてました

はぁ~~とため息をついてたけど
しばらくしたら
親戚のおばちゃんと長男君だったかもしれないと
まだ納得がいってない様子^^;

その後も

何かしんどい
病院に行こう
意識が無くなる・・って何度も言われ
(意識が無いのは一瞬スーッと寝てるんです)

ゆっくり寝て良いよ
私ココにいるから
ちゃんとお母さんのことみてるから

とにかく少し寝たら
気分も良くなるし
不安も少し解消されるはず!


父が帰ってくるまで
母が安心して眠れるようにと思って
ずっと母の横に座ってました

とにかく長い長い1日で
昨日は本当に一番疲れた1日でした

また先生のところへ行って
この話をしなくては^^;

ちなみに今日はたくさんの「母の不安」を聞くことができました
きっと話したことで気分がラクになったんじゃないかなぁ
昨日と比べたら
若干「気分が悪い」と言う状態が減ってたように思いました(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

メール・拍手コメント本当にありがとうございます
全てちゃんと読んでます
本当にありがたくて頑張る力になってます(^^)
全然お返事ができてなくてゴメンナサイ★
落ち着いたら必ずお返事しますので

記録 | 【2013-02-17(Sun) 11:59:59】 | Trackback(-) | Comments(-)
無視される私・・・
薬の量がほんの少し減っただけでしたが
やっぱり
すぐに幻聴が増え始めました

レーザーで頭と胸を撃たれた
私の寿命は2~3年って話してる
ガンらしい・・

そんなことは無い
大丈夫!
たとえ打たれたとしても
すぐにガンになるわけないやん

・・と言ったところで
本人はもう永くないと思い込んでるので
気分が悪い
頭が痛い・・と言うのです

ちなみに
救急車で運ばれた日
脳のレントゲンや心電図
血液検査などを受けて全部異常なし

それを言うと
その日より後に打たれたと返され

じゃ入院して調べてもらおうかと言うと

すぐにガンとして出るわけじゃないから
レントゲンには写らないと言うのです

その言葉
さっき私がサラッと言ったこと・・・


幻聴が聞こえてて
おかしなことを言うのですが
私が言ったこともすぐ反響するんです

ものすごいまじめな
まじめを通り越して怖いくらいの顔で
本当に有りえるような感じで言ってくるんです

・・本人には幻聴が聞こえるから
「本当」「有りえる」なのでしょうけど・・


寿命が2~3年って言い出して
弟を呼んでと言われ

祝日でお休みだった弟は呼び出されたのです
(私と父も困り果ててたので呼び出しました)

うちの弟
大らかで心がとても広く
そしておもしろい

小さい頃から
あの子は優しいと母は良く言ってます

そういう先入観があるからか
弟には いろんな話をして
そして弟は全てを聞き
上手に「でもそれは違うんだよ」と話すのです
なぜか母も納得して
少し落ち着いて優しい顔になるのです

もちろん
母が一番よく話すのは父だと思いますが
父は弟のように
上手に「それは違う」というのができないと言います^^;

そしてそして
もっとアカンのが私

一番最初に「病気だと思うから病院へ行こう」とメールしたことがアカンかったのか
元々性格が一直線で余裕が無いタイプだと思ってるからか

とにかく

私にはあまり幻聴の内容を話をしません

幻聴のせいで怖い・不安と思い始めると
キュッと顔つきが変わるし
ソワソワし始めます

少しでも不安を解消させてあげたい
落ち着いてもらいたいと思うから

どうしたん?と普通に聞くのですが
無視
何が不安なん?と聞いても
チラッと私の顔を見るだけで無視

私に話そうかどうしようか
考えてるのが伝わります・・

そして
少し話し始めるのですが

とにかく隣のおうちに聞こえるからと
(お隣は全く関係ないのですが
 母の中ではお隣の家族が攻めてきてるのです)
超ヒソヒソ声なので聞こえないのです

ん?何て?
絶対に聞こえないから大丈夫
普通に話してくれて良いよ

と言うのですが
その時点で「もう良い」と言われます


筆談で話してくれたことに
弟と同じように対処をしても
私の話は全く聞き入れてもらえません
(最終的には「もういい」と言われます)

弟と何が違うのか・・
自分でもさっぱりわからず
母と話すこと自体がイヤになります

弟曰く
母の先入観だと言うけど・・

どう対処して良いのやら・・


どうしようもなくて
前回の診察から4日目
また先生のところへ行ってきました

母の言い分は
とにかく脱力感とか飲み込みがしにくいなど
薬を飲んだことに対しての
不快感を言うんです

幻聴に関しては
ちょこっとだけ

その後
私と先生が1対1で話しました

結果
お薬の量を元に戻そうと先生は言ったのですが
母が脱力感が出るのでイヤと言い張り

結局
次の診察までは
前回出してもらった「若干減ったお薬」のまま
様子を見ることに
そして
副作用止めの薬を新たに処方されたのでした

・・私としては「今のお薬」は不満ですが
本人が今のままでいい!と言ったので
とりあえず次の診察までは仕方が無い・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

でも先生と話したことで
私自身は少し気分がラクになりました

「気になることがあったら いつでも病院へおいで」
この言葉が一番ホッとしたかも



・・でも現実は甘くなく・・
「無視される私」は次回の記事にも続きます

記録 | 【2013-02-15(Fri) 00:48:50】 | Trackback(-) | Comments(-)
なんやね~ん!!(笑)
・・母の様子・・

薬のせいなのか
精神的なものなのか


ゴハンを食べると気分が悪くなるらしく
ちょっと食べては
30分ほど横になったり・・

しばらく調子良く片付けなどするけど
すぐ疲れて横になったり・・

と自分では「怠け者病」みたいな感じやと笑ってます

幻聴に関しては
うちの横の道を通る人が
母が発狂しただの言って通るって言うのが数回

お隣の人がうちのことを何か言ってるって言うのを数回

でも
「これもみんな私の幻聴かぁ~」
と言ってたので
ちょっとは「幻聴=病気」だと認識してくれてるんだなぁ
幻聴も減ってるのかなぁと
家族みんな一歩前進と安心してたんです





本日病院の日・・

朝一番だと言うことと
病院がイヤ
特に今の病院は「鬼門や」とか
「とんこつの匂いがする」とかで嫌がってて

そう思うと拒否反応でしょうね
気分が悪くなってフラフラになってるんです

とりあえず診察

薬を飲んで2週間
どんな症状があるか話すのですが

食べたら気分が悪くなる
飲み込みがしにくい
脱力感・・
など不快に思うことを5~6個
メモ帳に書いてきたものをザッと言って

幻聴に関しては
ひどい言われは減ったけど
全体にいろいろ聞こえる

それを言っただけで
「もう帰っても良いですか」と席を立つんです



早く帰りたいね~ん


まぁ先生もヌボーっとしてはるし
わからなくもないけど

とりあえず
症状に対しては
副作用止めのお薬を飲むか
今のお薬を少し減らすか・・と選択させられ
薬嫌いな母は
「減らす」と選択

先生が
娘さんから見て様子はどうですか?と
私のほうに話が向いた途端

それでは

とサッサと退室したのです

結局私と先生が話すのですが
幻聴に関しては
私も父もあまりコチラから聞くことはしてなかったので
(先生からしつこく聞かなくていいと言われてたので)
若干マシになってると言ってますが
(上に書いたような)いろいろ聞こえてるようですと伝えました

ゴハン後の気分の悪さは副作用ではなく
やはり母の気持ちの問題が大きいと言うことでした

そして
お薬を減らしたことで幻聴が増えませんかと尋ねたら
若干増えるかもしれないと


でもまだ投薬2週間だし
若干減らすだけだからと言われました

薬をガラッと変えることは?と聞いてみたけど
今の薬が一番副作用が少ないもので
量も少ないから・・
今はもう少し試して欲しいと言われました
(月単位・年単位で様子をみるもんなんだそうです)



お会計待ちの時間


診察が終わって帰れるとなると
母の体調も上向きになるんです


病院でのフラフラは
完璧「気持ちの問題!」と思います

そして今日は
普段以上に軽快に話し始めたのですが

なんと

幻聴はバッチリ聞こえてると言いはじめたのです


しかも
町中の人がうちの内情を知ってて
みんなが家の横を通るたびに
「病気やねんて」「発狂してる」「可哀想に」とか
いろいろ言って通っていくんだとか

そして
お隣の人もうちのことを全て知ってて
うちの家族・家庭内のことをいろいろ
お隣の家族で会話してるのが聞こえるんだそうです
うちの調査ばっかりしてて
お隣はいつ寝てるんやろうか・・って言うんですよ(笑)

私が寝る時間には
物音も全然せーへんから
私らと一緒に寝てはるわ
って言うと「そうか」とニッコリ笑ってますが


そしてそして
母ではなく
標的が私になってるらしく
「○○ちゃん(私のことです)が今何をしてるわ」
「ホントだわ」みたいな感じだと言うんです

すべて母の幻聴ですよ
私も父にも 時々来る弟にも
全く聞こえません

母の頭の中で起こってる「病気」です


病院の待合で
父も私も大笑い

父が
「ひょっとして病気と思って無いやろ?」と聞くと

病気じゃないよ~
私にはホンマに聞こえるし
みんなが病気って言うから
合わせてただけや~ん

って笑って言うのです


なんやねんっ
みんな揃って騙されてたんかいな


ホント
呆れて笑うしかない

その話を先生にしてくれなアカンや~ん
私らには「幻聴さん」が全く聞こえへんねんから
先生に伝えようが無いねんで~

と言う私に

先生に話すのは疲れるねん
ボーっとしてはるから
聞いてんのか!って思うし~と


じゃ次回の診察の時は
「話聞いてんのか?」って言いや(^^)
そして
私は一番先に「騙されてました」って言うからね!と

ワイワイ笑って話して
お会計待ちの時間が楽しいこと楽しいこと

ただ実感したのは
母のことだけをいじめるような
恐怖を味わうような幻聴は消えてると言うことです
「母が何をしてる」
「今はやってないって~」
「母がアホになっていってる」
「ホンマやアホになってるなぁ」
「家を早く出て行け」
みたいな会話は聞こえてないようです

・・・私たちに言わないだけなのか
実際のところはわかりませんが

※追記:
今「聞こえた?」と私に言いにきました
子供たちが「発狂した」「発狂」「発狂」って言って
それを幼稚園の先生が「いけません」って怒ってるって
何で幼稚園の子がみんな知ってるん?って聞くと
お隣が話を広めてるって
^^;^^;^^;

何にも聞こえないって言うと
パソコンに集中してたら聞こえへんわなぁ~っですって

その「発狂」にも原因があるんです
まだ病院へ行く前のことですが
自分があれこれ言われてることに対して
1回だけ部屋で「いい加減にして!あほか!」と叫んだことがあるそうです
病気だとわかってから
弟に「頭の中で起こってるだけで、他人は関係ないから
そういうことはしたらアカンねんで」と言われ
その辺は理解してるので
その行動を後悔して気にしてるんです

気にしてるんやろ?って説明すると
そういうことか・・と納得するんですけど~

私の部屋を出る時に言ったのが
「噂話のようなのが聞こえてるだけやから、まっ良いけどね」と^^;



でも奇行に走るわけでもないし
病院に行く前は
夜に懐中電灯を持って庭に出て
「家にしかけられた機械」を探しに行くこともありました


寝たり起きたりの
本人曰く「怠け者病」なだけで
とりあえずは のんびり何でもできるし

会話もきちんとできるし
前みたいにヒソヒソ話したり筆談もなくなったし

日常生活を家族として送るぶんには
ちょっとの支えだけで
「何とかなる」という感じになってます


しかしまぁ
母には参ります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

拍手コメントやメール
みなさん本当にありがとうございます
そして、なかなかお返事できなくてゴメンナサイ
みなさんからのメッセージに
本当助けられました
正直かなり底まで沈んだ気持ちでいたのですが
ドンドン浮かんできてます(笑)
絶対乗り越えられる!

記録 | 【2013-02-08(Fri) 15:05:37】 | Trackback(-) | Comments(-)
私も強くない・・
初めて弱音を吐いたような気がします


家族が私を頼りにしてる
私は長女だから
お姉ちゃんだから
しっかりしなきゃいけない

主婦でもあるから家事もする
母のぶんをカバーし
父の負担が増えないようにと気を遣い

そんな数日を送ってたのですが

フッと自分一人の時間ができたりすると

寂しさとか不安とかで
やっぱり涙が出るんですよね~

家族にバレないように
そ~っと
自分の部屋で泣いたり
お昼寝をしてるふりをしたり
お風呂場で泣いたり


その日も自分の部屋で一人
ボーっとしてたら

私にも家族がある
私にもたくさんの予定があったのに
私だって不安に思ってるのに
私だって・・
私だって・・と

いろんなことを思ったんです
そしたら
ボロボロ涙が出てきて

とにかくバレないように
い~っぱい泣いて
ちょっとお昼寝をして


落ち着いてから
夜ゴハンを作りに台所へ行ったはずだったけど

扉を開けると
座ってコーヒーを飲む母
なぜか突っ立ってTVを見てる父
(きっと会話をしてたと思いますが)

何気ない日常の風景に
ドバーッと涙が出て

こらえることもできへんくって

生まれて初めて父の胸に飛び込んで
大泣きをしたのです


小さい頃から
甘えたこともないし
ハグなんてされたこともないし
勉強は出来なくても「キリッとしっかりした子」でいたので
(恥ずかしがり屋の)父も
いろんな意味でビックリしたと思います

本当は疲れるんですよ^^;
私しっかりしたタイプじゃないのに
しっかりした良い子でいないといけないと思ってるから
未だに実家では
気を遣うし居場所が無い感じがするし・・



とにかくその時に
私も不安やししんどい
どうして良いかホンマはわからん!と
父の胸で大泣き

両親が背中を撫でてくれ
(きっとそれが精一杯だったと思います)
母がゴメンネと言い・・
父のとまどいが伝わり(笑)

何となく自分も落ち着いたから
父から離れる時に
最後に一言
「2階の私の部屋は寒すぎるわぁ!」


母も笑ってました


この大泣きがあったあとの夜ゴハン
ものすごく美味しかったですよ~(笑)

ホント
それまではゴハンも食べる気がせず

どうしたら良いのか
不安と疲れが増すばかりだったのですが

「なんとかなる!」
「適当にやる!」と思えるようになったんです

それからは
少し気分がラクになりました

何でもマイペース
マイペース

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

・・私の気分がラクになっても
母の体調は優れないんですけどね^^;

記録 | 【2013-02-04(Mon) 14:42:15】 | Trackback(-) | Comments(-)